CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

CloudReady microSDカード インストール CloudReady

CloudReadyをUSBメモリー8GBにインストールしてChromeOSを使い始めましたが、手持ちのmicroSDカード32GBにインストールして起動できないかダメ元で試してみたので紹介します。

はじめに

8GBのUSBメモリーからCloudReadyを起動するとダウンロードフォルダー(ローカル)の空き容量が500MBほどしかなく、Genymotionのフリー版をVirtualBoxとインストールして使うにはLinuxをインストールできないので無理でした。

Genymotion Cloudでブラウザーから接続してAndroidアプリを使う事ができるのですが、それだとGCPの時間レンタル課金が生じるので、最初の1年間は300ドルまでGoogleが肩代わりをしてくれるので実質無料で使えますが、課金を気にせずに使いたいです。

さらに、USBメモリーではPCから出っ張るので外観的にイマイチなのと、持ち運びの時に外さなければならないです。

そこで、手持ちのmicroSDカード32GBにCloudReady Homeをインストールして使えないか試したので紹介します。

microSDカードのフォーマット

念のために、microSDカードをNTFSでクイックフォーマットしておきました。

CloudReadyをmicroSDカード32GBにインストール

USBメモリー8GBにインストールした時の以下の記事を参考にインストール対象を単にmicroSDカード32GBに変更したのみです。

X1y3EEKYqtoRvJ1564314475 160x90 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!
Chrome OSをWindows10 PC上でUSBメモリーから起動してみた?!
Windows10の2in1タブレットノートPC上でUSBメモリーからChrome OSの無料CloudReady Home版を起動してみたので紹介します。Chromebitとほぼ同じ使い勝手が得られましたが?

前回ダウンロードした「cloudready-usb-maker.exe」をそのまま使いました。

USBメモリーとmicroSDカードの違い

Window10の状態でファイルエクスプローラ上でUSBメモリーとmicroSDカードがどう見えるかを調べてみました。

先ずmicroSDカードにCloudReadyをインストールした後の状態です。

microsd 4 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

ドライブの名前が「EFI-SYSTEM」に自動的に変わりました。フォルダーが2つ出来ています。プロパティーを見ると以下です。

microsd 5 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

32GBのmicroSDカードなのに64GBの容量になっているので圧縮されていると思われます。

ダウンロード後に圧縮ファイルを展開するのに10分もかかっていましたが、どうも特殊な圧縮ドライブ上に展開したということかもしれません。

Windows10からも見えるのはWindows10互換の圧縮形式ということなのか?

そこで、USBメモリー・・・あっ!Windowsがクラッシュ!!!

pl NfGgryQIjvvv1564475380 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

もちろんWindowsの再起動はせず、Chromebitを10秒で立ち上げてこれを書き始めています。

私の2in1タブレットノートPC固有の問題だとは思いますが、特質すべきは同じハードウェアでUSBメモリーから無料のCloudReadyを起動して使っている2日間は、同じ作業をしていても何の問題も生じなかったことです。

話が逸れたので元に戻します。

USBメモリーの内容はこんな感じです。

microsd 6 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

8GBのUSBメモリーなのにやはり64GBとして見えています。これは理解不能です。

さらにUSBドライブが別にあります。これを開こうとしましたが・・・

microsd 7 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

こちらはWindowsでは見えないようです。

microSDカードにはこのUSBドライブが無いので、直感的にはmicroSDカードからはCloudReadyは起動できないように思えます。

microSDカードから起動を試みると?

音量ボリュームキーのアップを押しながら電源ボタンを押し続けるとBIOSセットアップ画面が表示されます。これはUSBメモリーから起動するのと同じです。

1DKkr UoOZiYRXw1564478835 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

BOOTデバイスのリストにmicroSDカードは表示されないので、microSDカードからの起動はやはり出来ませんでした。

従来通りUSBメモリーから起動します。

ファイルアプリの表示

Chromebitや以前のCloudReadyの表示とかなり変わりました

Screenshot2019 07 30at18.32.27 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

Linux ファイル」が増えましたが何も入っていませんでした。「ダウンロード(ローカル)」は従来と同様に使えます。

「Googleドライブ」にアクセスできなくなりました。ブラウザーで開いて毎回ダウンロードして使うことになります。

「External Drive」が増えたので、これがmicroSDカードだと思いますが、どう使えば良いのかわかりません。「3」以外はフォーマットを促されます。

まとめ

結論的にはmicroSDカードからの起動はできないので、16GBのUSBメモリーを買ってきて起動ドライブの容量が増えるのかどうか確認したいです。

「Linuxファイル」というローカルフォルダーが気になります。設定画面にLinuxのベータ版の項目があります。

Screenshot2019 07 30at18.41.03 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!
Screenshot2019 07 30at18.43.26 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

なんとなくLinuxが使えそうな気がしますが、どう使うのかがわかりません。

さらに、ドック内に「VirtualBox」があるので、Genymotionのフリー版が動かせるのではないか?と直感的に感じるのですが、Linuxが使えるようにならないといけないのでだいぶ先の話になりそうです。

Screenshot2019 07 30at18.48.25 - CloudReady(無料ChromeOS)をmicroSDカード32GBにインストールし起動?Linuxも使えるようにするには?!

とりあえず16GBのUSBメモリーを買ってきます。

ではでは、きらやん

(Visited 19 times, 1 visits today)

コメント