ChromebookでDTM?Bitwig Studio3 Demo版をLinux Xubuntu上で試す(後編)?!

2020年6月2日DTM

Bitwig 8-Track on Chromebook Xubuntu

前回の前編でChromebook上のLinux(Xubuntu)にBitwig Studio3 Demo版をインストールする方法を紹介しましたが、今回は続編としてBitwig Studio3の使い方をYouTubeで紹介します。MIDIキーボードにバンドルのBitwig 8-Trackを使いましたが?

目次

はじめに

ChromebookでDTMをやろうとして、microSDカードにインストールしているLinuxのXubuntu上にBitwig Studio3 Demo版をインストールする方法を前回の記事(前編)で紹介しました。

今回はそれを使って簡単な曲作りの方法を紹介します。

Demo版では曲データの保存やファイルへのエクスポートができないので、MIDIキーボードにバンドルのBitwig 8-Trackのライセンスを使ってログインしてWAVエクスポートまでをYouTubeビデオで紹介します。

Bitwig 8-Trackとは

MIDIキーボードなどにバンドルされるBitwig Studioの簡易版です。8トラックx8セクションに制限されますが、曲データの保存やWAVファイルへのエクスポートが可能です。

私の場合は2017年11月にアマゾンで購入した「Nektar Technology IMPACT LX25+」にバンドルのBitwig 8-Trackを使っています。

Nektarサイトでアカウントを作ってMIDIキーボードに付属のカードのシリアルナンバーを登録しているので、今回インストールしたLinux Demo版でもそのアカウントでログインすれば8-Trackとして使えるようになります。

つまり、Bitwig Studio3の8トラックバージョンとして使えます。

Nektarで最も低価格のMIDIキーボード「Nektar Technology SE25」はアマゾンで現時点で6,804円です。

UVI Digital Synsations フルバージョン」や2019年9月30日まではキャンペーンで「Steinberg Padshop Pro」の無償購入もできるのでお得です。この2つはWindows/Mac版ですが・・・

YouTubeビデオによるBitwig 8-Trackの使い方

ChromebookでBitwig 8-Trackを使う方法を以下のビデオで簡単に紹介しています。

Chromebook上のLinux(Xubuntu)でのBitwig Studio3の使い方

WAVファイルをMP3に変換して曲紹介

私の場合は以下のオンラインオーディオコンバーターサイトを使っています。

今回YouTubeで紹介した方法で作った曲のWAVファイル「Master.wav」をMP3に変換したものは以下です。

また、曲データの最初や最後の無音部分などをカットするオンラインオーディオトリマーサイトは以下です。

まとめ

私のChromebookではスペックが低いのでBitwig 8-Trackでもオーディオクリップによる曲作りが性能的には精一杯な気がします。

楽器(インストゥルメント/MIDI)でどこまでできるかについては今後の課題として機会があれば検証してレポートしたいと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 161 times, 1 visits today)