ChromebookでクラウドmacOS?MacinCloudのCatalinaを止めてMojaveで再契約?!

2020年6月5日DTM,仮想macOS

Chromebook MacinCloud Photoshop2020

最初に最新のmacOS Catalinaで契約して試したところ、サウンドがサポートされていなくてPhotoshop 2019も実質的に使えなかったのでサブスクリプションをキャンセルしてMojaveで再契約しましたが?

目次

はじめに

11月30日にMacinCloudのサブスクリプションを最新のmacOS Catalinaで契約して使ってみましたが、YouTubeで音が出なかったのでサポートに問い合わせを行いました。

その結果、契約したCatalinaではサウンドがサポートされずMojaveではサポートされていることがわかったので、Catalinaのサブスクリプションをキャンセルして、Mojaveのサブスクリプションを再契約したので紹介します。

なお、XcodeのiOSシミュレーターはMojaveでもサウンドがサポートされていないとのことなので、Managed Serverプランでは私にとってはやりたいことがすべてはできないことがわかりました。

とりあえず、MojaveのサブスクリプションでサウンドのサポートPhotoshopが実質的に使えるかの検証を行ったので参考にしてください。

少なくとも、CatalinaのサブスクリプションではPhotoshop 2019の起動はできても、新規画像や既存の画像のオープンをしても真っ黒な画面で実質的に使い物になりませんでしたが・・・

Catalinaサブスクリプションのキャンセル方法

ダッシュボードの左下の「Subscriptions」をクリック。

左下の「Cancel Subscription」をクリック。

I want to cancel my subscription.」をクリックし、適当に英語で理由を上記のように入力して「Submit」をクリック。

Cancel Subscription」をクリック。

友人や知人へのオススメ度をクリックして、その理由を上記のように英語で入力して「Submit」をクリック。

コンソールの表示が「Reactivate」ボタンに変わりますが、これは絶対にクリックしないでください。キャンセルが取り消されます。

ここでいったんログアウトします。

私の場合はPayPalでの支払いに設定しているので、PayPalにログインして右上の歯車アイコンをクリックして自動支払いページで「Moboware Inc.」をキャンセルしました。

ちなみに、特に海外サイトの定期支払い(自動支払い)をする場合は、キャンセル方法がわかりにくい場合が多いので、PayPalが利用できる場合はPayPal上から自動支払いをキャンセルできるのでPayPalの利用をオススメします。

Mojaveサブスクリプションに変えて再契約

Mojaveで再チャレンジするために、再度ログインして再契約を行いました。

…Click HERE…」のHEREがリンクなのでクリック。

Managed Server」の「SIGN UP」をクリック。

デフォールトで「Mojave」になっているのを確認して「Submit」をクリック。

接続用のusernamepasswordが書いてあるメールが届くのを待ちます。

ちなみに、この段階でサブスクリプションのステータスは「Active」になっています。

ログアウトしてメールが届くのを待ちます。私の場合は15分程度で届きました。

MojaveでサウンドとPhotoshopの動作を検証

ログインしてDashboardを開きます。

新しいサーバーをクリック。

コンソールの右上の「Actions」をクリックして「Connect Now」をクリック。

メールに書いてある新しいusernamepasswordを手入力し右矢印をクリック。

OK」をクリック。

やはりMojaveでも音は出ませんでした。「サウンド」を確認してみました。

リモートデスクトップ接続用のオーディオデバイスらしきものが選択されていました。

次にPhotoshopが使えるか確認してみました。CatalinaではPhotoshop 2019がプリインストールされていましたが、MojaveではCreative Cloudからインストールする必要がありました。

新規画像へのブラシのお絵描きはひとまずOKです。

既存の画像読み込みもOKです。

フィルターもサクサク使えました。

MojaveのPhotoshop 2020はひとまず実用的に使えると思います。

次に、Paperspaceの仮想Windowsから「…withSound.rdp」ファイルをダブルクリックして接続してサウンドを確認してみました。

やはり音は出ませんでした。ちなみに、仮想Windows上のChromeでYouTubeを視聴すると音は出たので仮想Windowsはサウンドをサポートしています。

MacinCloudのMojaveサブスクリプションの検証結果

結論として、Mojaveでもサウンドは鳴りませんでした。ブラウザーからの接続もWindowsからのリモートデスクトップ接続(withSound接続ファイルによる)の両方で試しても音は出ません。

Photoshop 2020は使えました。新規画像へのペイントや既存画像の読み込み、フィルター操作などは特に問題なく行えたので、とりあえず実用的に使えそうです。

私としてはGarageBandMainStageXcodeのiOSシミュレーターによるAudioKit Synth Oneなどが使いたいので、音が出なければ使う意味が無いです。

PhotoshopはPaperspaceのGPU付き仮想WIndowsからも使えると思われるので、MojaveのサブスクリプションもCatalinaと同様にキャンセルしました。今後も使うつもりはありません

まとめ

サブスクリプションの課金より、かなりの時間を費やしてMacinCloudについて評価・検証した時間と労力がもったいないことをしたと後悔しています。

今回の記事を読んで、私のようなことにならない人が居れば世の中に貢献できると思います。

もちろん私とは違った目的でMacinCloudを使う人も多くいらっしゃると思うので、そういった方にも参考になれば幸いです。

ではでは、きらやん

(Visited 88 times, 1 visits today)