Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

2in1 Windows10 PC Ableton Live X-Touch MINI Chromebook

2019年8月にChromebookを購入して約半年間使い続けてみてわかった課題を、2017年9月に購入した低スペックの2in1 Windows10 PCで解決できるのかを試してみたので紹介します。

はじめに

Chromebookは日常的なブラウザー中心の作業ではサクサク使えて使い勝手が良いのですが、私のようにマニアックな使い方をすると、いくつか課題が出てきます。

私の場合の主な課題は以下です。

  1. 4KHDRに対応していない
  2. DTMアプリのAbleton Live 10 Liteの制約(オーサライズ/MIDIコントローラー接続)
  3. Mac専用音楽アプリが実質的に使えない(GarageBand/MainStage/iOSシミュレーター)

Mac miniは持っているので、3.についてはそれを使えば良いとして、1.と2.については手持ちの低スペック2in1 Windows10 PCでどうなのかについて今回確認してみました。

Windows10での4KHDR対応

まだ以下の記事で紹介した4KHDR対応のモバイルモニターを購入していないので、実際に映るかの確認はできません。

そこで、最新のWindows10でのOS側の対応について調べてみました。

スタートメニューから「設定」をクリック。

windows10 1 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

システム」をクリック。

windows10 2 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

Windows HD Color 設定」をクリック。

windows10 3 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

Windows HD Color に関する詳細情報」をクリックするとブラウザーに以下のページが表示されます。

https%3A%2F%2Fsupport.microsoft - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
windows10 6 1024x718 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

HDR ビデオのディスプレイ要件」をクリック。

https%3A%2F%2Fsupport.microsoft - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

内蔵ディスプレイはHDRに対応していないので省略して、外部ディスプレイの部分は以下です。

windoaws10 7 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

購入予定の4KHDR対応モバイルモニターは上記を満たすのですが、問題はPC内蔵のグラフィックスカードが要件を満たしません

ですから、やはり低スペックのWindows10 PCでは4KHDR映像は観れないようです。

Ableton Live 10 LiteをMIDIコントローラーで操作

Chromebookでの課題

Chromebookの場合は、以下の2つの方法でAbleton Live 10 LiteのWindows版を使っています。

  1. GalliumOS上にWINE4.0をインストールしてWindows 64-bitアプリを使う
  2. Paperspaceの仮想Windows上で使う

1.の場合の課題は、オンライン/オフラインともにオーサライズができないので、プロジェクトの保存やエクスポートなどができないことです。一方で、USBでMIDIコントローラーを繋いで操作が可能です。

2.の場合は、オーサライズはできましたが、PaperspaceのWindows版専用接続アプリで使えるはずの「USB Redirection」機能が、デバイスドライバーと WINE4.0の相性が悪くエラーが発生して使えませんでした。

Windows10でPaperspace上のAbleton LiveをMIDIコントロール

以下のページからWindows版Paperspace専用接続アプリのインストーラーをダウンロードします。

d61194ccd2eafa84044dbb6e447ad59a - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
Paperspace App: Dedicated app for Windows, OS X, and Linux
Cloud Machine Learning, AI, and effortless GPU infrastructure

インストールします。

paperspace 1 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
paperspace 6 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
paperspace 7 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
paperspace 8 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

上記のデスクトップにできたショートカットアイコンをダブルクリックしてPaperspace専用接続アプリを起動し、Paperspaceにログインして仮想Windowsを起動します。

paperspace 10 1024x576 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

Ableton Live 10 Liteを起動して動作を確認しました。

paperspace 17 1024x642 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

デモ曲が正常に演奏できることを確認しました。音は2in1 Windows10 PCにUSBで繋いだ「JBL Pebbles」から出ました。

Paperspaceのデスクトップ右上の電源ボタンメニューから「USB Forwarding」をクリックして「Enable」にし「Install driver…」をクリックしてデバイスドライバーをインストール。

paperspace 13 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
paperspace 14 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!
paperspace 15 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

Paperspaceが再起動して元の状態に戻りました。

paperspace 16 1024x576 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

電源ボタンメニューの「USB Forwarding」をクリックすると、接続されているUSBデバイスのリストがメニューで表示されます。

paperspace 18 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

一応、すべてのデバイスについてAbleton Liveの環境設定の「Link/MIDI」で確認しましたが、2in1 Windows10 PCにUSBで接続している「X-Touch MINI」は検出されませんでした。

paperspace 12 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

この段階でいろいろと試行錯誤してX-Touch MINIがPaperspace上で検出できないか試しましたがダメでした。

一応確認のために、2in1 Windows10 PC上にAbleton Live 10 Liteを直接インストールして、X-Touch MINIが使えるか試してみました。

IMG 20200116 155949571 1024x768 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

結果としては、環境設定で検出されて、MIDI入出力デバイスを設定すればX-Touch MINIがAbleton Live 10 Liteで使えることが確認できました。

この状態でPaperspaceの仮想Windowsを起動しても「USB Forwarding」のリストには表示されず、Ableton Liveを起動しても検出されませんでした。

2in1 Windows10 PCは低スペック(Atom CPU/4GB/64GB)なので、デモ曲を演奏すると、右上のCPUメーターが100%を遥かに超えてしまい、音が割れたり途切れたりしました。

ableton win10 4 - Chromebookの課題?低スペック2in1 Windows10 PCで解決できるのか?!

オーサライズができてMIDIコントローラーも使えますが、軽い用途にしか使えません

Paperspaceの仮想Windowsでは、同じデモ曲でもCPUメーターが50%以下と余裕があるので、MIDIコントローラーが現状では使えませんが、実用性があります

まとめ

Chromebookでの現状の課題が低スペックの2in1 Windows10 PCで解決できるかを検証してみましたが、現状ではChromebookをPaperspaceの仮想Windowsと併用するのとあまり変わりませんでした。

Chromeブラウザーがメインのブログ記事の執筆やネット検索、YouTubeなどでの情報収集などの日常的な作業では、Chromebookの方が遥かにサクサク使えるので、敢えて低スペックの2in1 Windows10 PCを使う必要性は感じません

今後は、今までどおりChromebookをマニアックに活用する方向性で各種検証を続けたいと思います。結果は適時レポート予定です。

ではでは、きらやん

(Visited 25 times, 1 visits today)

コメント