J:COM対応でない物件への引越し?解除料と取外し費用が無料になった?!

2020年6月4日札幌生活

J:COM対応物件検索

いったんJ:COM対応物件への引越しを決めた後で、個人的な事情により元のJ:COM対応物件ではないマンションへの引越しに戻しましたが、J:COM契約を継続する意思表示をしていると契約解除料と取外し費用が無料になったので紹介します。

目次

はじめに

札幌市で賃料を1万円下げるために近場の引越し先を以下のマンションに決めました。

ところが、このマンションはJ:COM対応物件ではなかったので、いったんJ:COM対応物件を探して決めようとしました。

J:COM対応物件に変えようとした理由は、J:COM引越し割を使いたかったからです。

しかし、個人的な事情で元のマンションを引越し先として最終的に決めました。

その結果として、J:COMを解約することになりましたが、途中でJ:COMの契約を引越し後も継続する意思表示をJ:COMにしていたため、解約時の解除料1万円と機材取外し費用4,800円が無料になったので紹介します。

ちなみに、J:COM対応物件の候補は以下のような格安マンションなどもありました。

私が下見をした候補は5階の部屋でしたが、現在は埋まっていて3階以下しか空いていないようですが・・・

J:COM対応物件の確認方法

最初の物件を決めた時に、J:COMのWebサイトでJ:COM対応物件かどうかの確認をしました。

私の場合は「物件名から探す」を使いました。物件名を入力して「検索する」をクリックすると、対応物件であれば下に表示されます。

同じ物件名で住所が異なるものも表示される場合があるので、必ず目的の物件の住所と一致しているかを確認してください。

J:COM対応物件の確認ができたら右上の「MY J:COM」からログインして各種手続きを進めます。

J:COM引越し割」を使う場合はJ:COMページから申し込まないと適用されないので注意してください。

J:COM対応物件ではない場合の解約

通常はサポートセンターに電話して「解約します」と伝えればOKですが、私の場合は解除料の1万円と機材取外し費用の4,800円が無料になりました。

その理由は、それまでにJ:COM契約を引越し後も継続するという意思表示を行っていたからです。

最終的な引越し先のマンションは、J:COM対応物件ではなかったのですが、一度解約を相談するためにサポートセンターに電話したところ、営業から管理会社経由でマンションのオーナーにJ:COMが使えるようにする交渉をしてみるとの事で保留となりました。

ところが、それから1週間後に別件で管理会社の担当者と電話で話した際に、J:COMとはどうなったか?という質問をすると「J:COMの営業からは連絡は来ていません」ということだったので、J:COMの営業はこの件を放置していると判断しました。

そこで、再度J:COMのサポートセンターに電話して、今までの経緯を伝えた上で「解約します」と意思表示をしたところ、その電話で解約手続きを完了することができました。

解約にともなう残債の一括支払いと違約金

J:COM TV/NET/Mobile/電力/NHK/傷害保険を一括で契約していたので、単体で契約するより割安の料金になっていましたが、解約時にその割安になっている料金を一括で精算する必要があります。

いわゆる、携帯での契約の「縛り」を途中解約する時の違約金や端末の残債を一括精算することに相当します。

私の場合は、J:COMタブレットの残債の16,500円、Mobileの違約金8,500円と端末の残債8,500円、TVとNETの組み合わせ長期割引の違約金25,000円などです。

今後は、少々毎月の利用料が割高でも「縛り」のない業者と契約するつもりです。

さらに、2月16日の機材取外し作業までの日割り計算の料金と、電力料金の検針日の関係で、4月末まで支払いが続きます。

以後はWiFiが使えなくなりますが、当面はスマートフォンのテザリングでしのぎながら、今回の教訓を活かして最適な業者選びをじっくりと新居で行いたいと思います。

まとめ

J:COMへの解約時の一括支払いが、引越し費用に上乗せの形で載っかるので、経済的に4月末まで苦しくはなりましたが、当初に「J:COM引越し割」に魅力を感じてこのような事態を引き起こしてしまったので、自分の甘さを痛感しました。

今後は、解約時も経済的なダメージが少ない契約を心がけたいと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 48 times, 1 visits today)