Chromebookでサブスク?無料のSpotifyと有料のApple Musicを聴いてみる?!

2020年6月4日Chromebook,札幌生活

Spotify Webプレーヤー 乃木坂46

音楽を日常的に聴くのに音楽サブスクリプション(サブスク)を使っていますが、Chromebookで使える無料アカウントのSpotifyと有料のApple Musicの聴き方を紹介します。

目次

はじめに

Chromebookで音楽を聴くのに使っているサブスクは無料アカウントのSpotifyと有料のApple Musicです。どちらもブラウザーから聴く方法と、Chrome拡張機能や、Androidアプリなどがあります。

Androidアプリを使うと、Android OSでメモリーを1GB以上消費するので、ブラウザーの作業のサクサク感を損なう場合があるので、日常的にはAndroidアプリはできるだけ使わないようにしています。

そこで、今回はAndroidアプリを使わず、Chromeブラウザー上で聴く方法を紹介します。

Spotify

無料アカウントと有料アカウントの「Premium」があります。DTMでSpotifyを使う場合はPremiumを使う必要がありますが、BGMとして聴くだけなら無料アカウントで十分です。

特にChromebookなどのデスクトップPCの場合は、無料アカウントでもアルバムを曲順に聴けたりと、スマホアプリの「シャッフルのみ」の制限が無く聴けて便利です。広告が表示されたり音声広告が時々挿入されますが・・・

Webプレーヤー

以下のサイトに行きます。

アカウントを持っていない場合は、右上の「サインアップ」をクリックし、無料アカウントを作成します。あるいは、FacebookやApple IDでもログインが可能ですが・・・

右上の「ログイン」をクリック。

ユーザー名パスワードを入力して「ログイン」をクリック。

This is 乃木坂46」をクリック。「This is …」はSpotify版ベスト・アルバムですが・・・

再生」をクリック。

下のミニプレーヤーのシャッフルボタンをクリックしてオフにします。

Spotify Connectで他のデバイスから音を出してリモートコントロールすることもできます。

Chrome拡張機能

以下のChromeウェブストアーに行きます。

Chromeに追加」をクリック。

アプリとして扱われますが、機能的にはWebプレーヤーと同じなので、私の場合は使っていません。

Apple Music

Apple IDを持っていない人は以下の記事を参考にしてください。

AndroidスマホのChromeブラウザーでApple Musicの曲を聴く方法も紹介しています。Apple Musicはスマホ専用ですがAndroid版もあります。Chromebookにも対応していますが・・・

Chromeブラウザー

Apple MusicプレビューからApple IDでログインするとフルに聴けます。

例えば「twice itunes」で検索します。

TWICEをApple Musicで」をクリック。

Apple Musicをまだ開始していない人は、右上の「今すぐ開始」をクリック。有料のサブスクに入る必要がありますが、私の場合は開始後3ヶ月間は無料で聴けましたが・・・

サインイン」をクリック。

Apple IDでサインインします。

OK」をクリックし、聴きたいアルバムをクリック。

再生」をクリック。

Spotifyと比べると、音が出なくなったりする場合があって使いにくいですが、オーディオセットでじっくり聴く場合はiPod touchを使うので気にしていませんが・・・

Chrome拡張機能

以下のChromeウェブストアに行きます。

アップル社純正のものはありませんが、上記の拡張機能で曲を呼び出せるので、試しに「Chromeに追加」して使ってみると良いかも?

私の場合は、もっぱらGoogle検索から「(アーティスト名) itunes」で検索してApple Musicプレビューを開いて聴いていますが・・・

まとめ

どちらかに一本化することも考えましたが、現状では、無料アカウントのSpotifyと有料のApple Musicを使い分けています。

外出時にはスマホのアプリで聴きますが、Spotifyの無料アカウントではシャッフルのみなので、なんとなく音楽を聴く時に使い、アルバムを指定して曲順に聴きたい場合はApple Musicで聴いています。

Spotifyは「OCN Musicカウントフリー」で通信容量が消費されないので、長時間外出時に音楽を聴く場合に主に使っています。

音楽サブスクは、2年縛りとか、違約金や残債とかは無いので、生活スタイルに応じて気軽に使えば良いと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 57 times, 1 visits today)