チェキに学ぶ?トレンドに逆行すると大成功するかも?!

2020年9月1日2DCG/Photo Edit,テレワーク

チェキ SQ10 レンタル

デジカメやカメラ付きスマホの登場で一時は年間10万台にまで販売が落ち込んでいた富士フイルムの「チェキ」が今では年間1000万台を超えたそうです。最近のデジタル処理ができる「デジタル・チェキ」とは?

目次

はじめに

2020年2月はコロナの影響でブログ広告の収益が大幅に減少しましたが、3月は大幅増益でした。広告収益は3ヶ月ごとの決算時期に増える傾向があるので、年度末の3月は増えるのですが、今年は別の要因も重なったようです。

テレワークが急激に増加したことで、デスクトップを自宅で使うユーザーが増えたことにともない、デスクトップの比率が高いブログの収益が伸びているらしいです。

今までのトレンドは、スマホのユーザーが増えたことにともない、ブログで広告の収益を伸ばすには、モバイルへのシフトが重要だったわけです。

ところが、私の場合は、そのトレンドに逆行して昨年の夏からChromebookというデスクトップPCメインのこの「Chrome VR」を立ち上げました。

今ではアクセス数の比率が、デスクトップ:モバイル=9:1という極端なトレンド逆行となっているのが、テレワークへのシフトで好影響を受けた形になっています。

今回は、トレンドに逆行して大成功している事例として、富士フイルムの「チェキ」を紹介します。

チェキのトレンド逆行で大成功している事例

一時は年間販売台数が10万台にまで落ち込んだ「チェキ」が、現在では年間1000万台も売れている大ヒット商品になりました。

トレンドに敢えて逆行した結果、オンリーワンの大成功に至ったストーリーは以下の記事などが参考になります。

この記事の中で、市場トレンドに逆行した「チェキ」が成功した要素を以下のように分析しています。

市場トレンドに逆行

「チェキ人気の面白さは、すべての要素が市場トレンドと逆行していることにありました」

こう話すのは、商品企画を担当する同事業部インスタント事業グループマネージャーの高井隆一郎だ。

「今は、誰もがオンラインでつながるデジタル時代です。時間と空間の制約がなく、いつでも、どこでも、バーチャルな無限のコンテンツを授受でき、そのコンテンツは編集・コピーが可能です。一方、チェキは撮ったそのとき、その場で、独特の質感を持ったリアルのプリントをダイレクトに授受する。そこには編集もコピーもできない唯一無二のライブの瞬間が写っている。ユーザーの中心は1990年代半ば以降に生まれ、デジタルやインターネットの存在を前提に生活を送ってきたジェネレーションZと呼ばれる世代です。彼らにはチェキの世界が、まさに新鮮な価値のあるものとして感じられたのです」

写真の余白にメッセージを書き込むこともでき、相手に贈ると喜ばれ、感謝される。SNSに写真をアップするときも、スマホの画像ではなく、チェキで撮った写真をスマホで撮って載せると多くの「いいね」が集まる。専用フィルムは10枚入りで実勢価格700〜800円と、10代が小遣いで買うには安くないが、価格を上回る価値をZ世代は感じとっている。高井の上司でインスタント事業グループをまとめる的場隆一が話す。

「Z世代の使い方を見てわかったのは、チェキをコミュニケーションツールとして楽しんでいることでした」

こんな場面もあった。ユーザー調査のため、利用者に集まってもらうと、初対面同士、自己紹介だけでは会話は生まれない。そこへチェキを「2人1組で使ってみて下さい」と置くと、互いに撮ったり、2人で自撮りをしたりして10分後にはみんな友だちになっていた。

「その光景を見て、チェキには共感を醸し出す力があることを感じたものです」

(高井)

https://www.works-i.com/works/series/seikou/detail028.html

「写ルンです」の事例

富士フイルムの「写ルンです」も似たような傾向があります。

欅坂46の平手友梨奈が「写ルンです」の紹介をしているツイッター記事は以下です。

チェキをレンタルで借りてみる

チェキの本体は1万円以下でも売っているので、わざわざレンタルする必要性は感じませんが、そこが「トレンドに逆行する」狙いですが・・・

★ 今回は正方形フィルムの機種の紹介ですが、フィルムコストが安い標準フィルムの2機種(デジタルタイプ/アナログタイプ)をレンタル注文してみた紹介記事は以下です。

チェキ」そのものを知りたい場合は以下の記事などが参考になります。

チェキにも多くの種類がありますが、今回レンタルするのに「SQ10」を選びました。

いったんデジタルで撮影し、背面の液晶画面と操作パネルで画像編集して、内蔵プリンターでプリントできる機種です。

さらに、フィルム?が正方形なのも興味があります。

YouTubeの紹介動画は以下などですが・・・

【新発売】もう失敗しない!これが次世代のチェキだ!FUJIFILM instax SQUARE SQ10 がやってきた!前編

アマゾンでは現在10,780円で売っています。「Amazon’s Choice」に選ばれています。

まとめ

「トレンドに逆行して成功する」ことを狙っても成功はしないとは思いますが、オンリーワンになるための一つの手段かもしれません。

「必然的な、偶然性」

私の場合は「三無主義」を心がけています。

・無欲
・無心
・無邪気

最近はこれに「夢中」も加えていますが、「夢」なので「四無主義」になりませんが・・・

ではでは、きらやん

(Visited 38 times, 1 visits today)