詐欺被害防止:Xserverサイト構築記事と紹介サイトを削除します

2020年6月4日WordPressサイト構築,テレワーク,札幌生活

xserver フィッシングメール 詐欺防止

Xserverを装ったフィッシングメールが出回っていると連絡がありました。詐欺行為に巻き込まれる可能性があるので、予防処置としてXserverを用いたWordPressサイト構築記事およびその紹介サイトを削除します。ゆうちょ銀行も?

目次

はじめに

NHKの「ガッテン!」で「アポ電詐欺(オレオレ詐欺など)」を防止する「留守番電話の活用」について紹介していました。

私にも最近は古典的な「ワンギリ」電話がよくかかってくるようになりました。もちろん、かけなおしませんが、律儀な人はかけなおすかもしれません。

詐欺師は「律儀な人」を狙っているようにも感じます。札幌市に移住して2年以上になりますが、町内会などの地域活動で感じるのは、人の良さに詐欺師がつけ込まないか?と心配してしまいますが・・・

詐欺対策は、先ずは「リアクションをしない」ことだと思います。

★ ゆうちょ銀行のフィッシング詐欺への警告メールも紹介しています。

Xserverを装ったフィッシングメール

以下の記事を参考にしてください。

XserverのURLやメールのドメイン名は「xserver.ne.jp」ですが、フィッシングメールの例は「xserver.jp」と「.ne」がありません。

よく確認してから、リンクなどのクリックを行ってください。

Xserver関連サイト構築記事を削除

当面、以下の記事を削除します。

上記の記事は当面表示されなくなります。

Xserverサイト構築記事関連サイトを削除

以下の紹介用サイトを削除します。

https://peacie.fun/

XFREEサイトについては削除せず残しています。

ゆうちょ銀行を装ったフィッシング詐欺への警告

2020年5月2日にゆうちょ銀行から届いたメールは以下です。ご注意ください。

まとめ

幸い、この関係の記事やサイトへのアクセス数は現在は少ないので様子をみます。

WordPress向けのTCD有料テーマ「ICONIC」のような集客メディア兼ショッピングサイトを作りながら記事にしようかと考えていましたが、当面は保留します。

WordPress向けの無料テーマ「Cocoon」などを使っていますが、最初にWordPressブログを立ち上げた時は有料テーマ「DigiPress」をいくつか使っていました。

初心者には有料テーマをススメています。なぜなら、スタートアップの時期は「時間を金で買う」という割り切った考え方が必要だと考えるからです。

あるいは、「サポートを金で買う」のかもしれません。TCDの中田俊行さんからのメールマガジンには有益なヒントを得られる情報が書かれているので、必ず目を通します。

プラットフォームを使うのか?自前のサイトでじっくり稼ぐのか?で、大げさかもしれませんが、人生が変わるかも・・・

ではでは、きらやん

(Visited 26 times, 1 visits today)