SteamVRをスマホで?Trinus CBVRを低スペックWindows10 PCで試す(前編)?!

2020年6月2日VR

SteamVR Trinus CBVR PC スマートフォン VRゴーグル

アマゾンプライムビデオをVRゴーグルで見るのに「Trinus CBVR」を使っていますが、今回はSteamVRを低スペックのWindows10 PCにインストールしてTrinus CBVRで観れるか試したので紹介します。

目次

はじめに

アマゾンプライムビデオなどの映画や海外ドラマなどをVRゴーグルでソファーに寝転んで観る方法を以下の記事で紹介しています。

その後、Daydream対応のスマホDaydream View(VRヘッドセット)を購入して、Netflix VRアプリコントローラーで操作して観るようになりました。

アマゾンプライムビデオはDaydreamでは観れないので、やはりTrinus CBVR(カードボードモード)で従来と同じ方法で観ていました。

従来のTrinus VRがTrinus CBVRと名前が変わり、新しいTrinus VRはDaydreamモード専用になっていましたが・・・

今回は、SteamVRでバーチャル空間「Spatial」が使えないかとか、「Google Earth VR」が使えないか試すことを目的に、とりあえずTrinus CBVRSteamVRが使えるか試してみたので紹介します。

Trinus PSVRPlayStation VRSteamVRを使う方法は以下の記事を参考にしてください。今回の方法もこの記事を参考にしました。

SteamVRのインストール

以下のSteam公式サイトに行きます。

右上の「ログイン」をクリック。

既存のアカウントにログインする」をクリック。初めての場合は「新しいアカウントを作成する」をクリックしてアカウントを作ってください。

続行」をクリックしログインします。

ライブラリー」の「ツール」から「SteamVR」をクリック。

インストール」をクリック。

SteamVRを起動

起動」をクリック。

Trinus CBVRをインストール

以下の公式サイトに行きます。

下にスクロール。

Trinus Cardboard VR」の「Learn more about Trinus CB VR」をクリック。

Download Trinus Cardboard VR PC Server」をクリックし、低スペック(Atom CPU/4GBメモリー/64GBストレージ)Windows10 PCにインストール。

Next」をクリック。

DOWNLOAD (58.56MB)」をクリック。

QRコードをスマートフォンで読み込んで、Google PlayからTrinus CBVRアプリをインストールしておきます。

Finish」をクリック。

Trinus CBVRを起動

OK」をクリック。

スマートフォンアプリをインストールし起動

時間無制限に使うには有料(1,040円)の「Trinus CBVR」アプリを使いますが、今回は1回の起動で15分間無料で使える「Trinus CBVR Lite」をとりあえず使いました。

インストール」をクリック。

開く」をクリック。

使っていて気分が悪くなるなどの健康上の問題が生じた場合はただちに使用を中止してください。

画面をタップ

左の三角ボタンをタップ。

PCサーバーアプリをスタート

右下の「START」ボタンをクリック。

Network」タブに切り替えて暫く待ちます。

下に「Phone detected …」と表示されると繋がりました。

スマホアプリで確認

PC画面が左右に分割されて表示されます。

PCサーバーでSteamVRドライバーソフトをインストール

いったん右下の「STOP」ボタンをクリックしてTrinusVRサーバーを停止します。

SteamVR」タブに切り替え、SteamVRアプリを終了してから「Install」ボタンをクリック。ほぼ一瞬でSteamドライバーソフトのインストールは終了します。

SteamVRモードに切り替え

Main」タブに切り替え、「Capture Mode」を「SteamVR」に切り替えます。

SteamVRアプリに接続

TrinusVRサーバーの右下の「START」ボタンをクリックして開始します。

SteamVRアプリを起動します。

スマホアプリと接続

前回と同様にして、PC側のTrinusVRサーバーとスマホ側のTrinusCBVRアプリを接続します。

遠くにSteamVR画面が見えています。これで一応Trinus CBVRでSteamVRがスマホと2眼モードで繋がりました

しかし、上記の画面は横長ですが、スマホは縦長の状態でスクリーンショットを撮りました。つまり、90度回転した状態なので、非常に使いづらいです。

スマホを横長にすると以下のようになります。

この状態でいろいろいじっていると15分間の使用制限によりタイムアップになりました。

この時間制限を解除するにはPC側のTrinusVRサーバーからライセンスを購入します。有料のTrinus CBVRアプリを購入しても良いと思います。私はライセンスを購入して使っています。

今回はここまでの紹介とします。

まとめ

Windows PCで観れるアマゾンプライムビデオなどの動画コンテンツなどは、SteamVRでなくても通常のTrinus CBVRで観れますが、ライセンスを購入しないと途中でタイムアップになります。

低スペックのWindows PCでSteamVRのゲームがプレイできるかは疑問ですが、「Spatial」や「Google Earth VR」がプレイできればとダメもとでチャレンジする予定です。

縦横の問題は、PC側のTrinusVRサーバーの設定をいじって最適化してみるつもりです。

Daydream版のTrinus VRアプリでコントローラーの操作ができるか?など、まだいろいろ試してみたいことが多いので、じっくり時間をかけて取り組むつもりですが・・・

ではでは、きらやん

(Visited 66 times, 1 visits today)