Photoshopの3D軸コントロール?仮想Windows「Paperspace」でも可能に?!

3DCG,仮想Windows

Paperspace Photoshop 3D

仮想Windows「Paperspace」上でPhotoshopを使っていますが、今回偶然に3D軸コントロールが使えることがわかったので紹介します。仮想macOS「MacinCloud」で使えていたのはPaperspaceとデフォールトの選択ツールが違っていた?

目次

はじめに

Adobe CCアプリからインストールできる3Dキャラクター作成アプリ「Fuse CC」で作ったモデルをPhotoshopに読み込んでアニメーションや表情を付けて、背景と合成した作品が制作できます。

仮想macOS「MacinCloud」では3D軸コントロールがシーン上の左下に表示されるので、モデルのカメラを自由にドリー・ズーム・パンして作品を制作できます。

一方で、今までは仮想Windows「Paperspace」ではMacinCloudのようにシーン上に3D軸コントロールが表示されないので、Fuse CCのモデルをPhotoshopで使うことを諦めていました。

ところが、今回偶然にPapespaceでPhotoshopを使っていた時に、Fuse CCのモデルを読み込んで3D軸コントロールをMacinCloudと同様に使えることがわかったので紹介します。

PaperspaceでPhotoshopの3D軸コントロールを使う

わかってみれば簡単なことでした。

MacinCloudの場合

MacinCloudではモデルを開いた時のデフォールトの状態ではブラシツールが選択されていました。この状態で3D軸コントロールがシーンの左下に表示され操作ができました。

Paperspaceの場合

一方で、Paperspaceのデフォールトの状態では選択ツールが選択されていました。

この場合はシーンの左下には3D軸コントロールは表示されていません。

Paperspaceで3D軸コントロールを表示

そこで、MacinCloudと同様にブラシツールを選択してみました。

すると、MacinCloudと同様に3D軸コントロールが表示され、カメラのドリー・ズーム・パンが可能になりました。

トップの移動ツールを選択すると以下のようになります。

つまり、選択するツールにより3D軸コントロールやシーン表示が変化することがわかりました。

まとめ

PaperspaceでPhotoshopの3D機能がフルに使えるようになったので、今後の作品作りに活用できそうです。

結局、以前からPaperspaceでも3D軸コントロールは使えていたわけで、単に私がその使い方に気がついていなかっただけなのですが、思い込みというのはそういうものなのでしょう。

Paperspaceをブラウザー上で使う「Paperspace Console」がアップデートされ、従来より高速表示されるようになったので、若干ですがPhotoshopの操作でのサクサク感が向上したように感じます。

ではでは、きらやん

(Visited 15 times, 1 visits today)