Withings Move が届いた?アナログスマートウォッチのファーストインプレッション?!

2020年7月29日札幌生活

フランス生まれのアナログ・スマートウォッチ「Withings Move」をアマゾンで5,794円で注文していた品物が本日届いたので、アプリの設定などのファースト・インプレッションを紹介します。

目次

はじめに

8月1日が誕生日なので、母から届いた1万円の誕生日プレゼントでアナログ・スマートウォッチ「Withings Move」をアマゾンで5,794円で注文しました。

本日届いたので、アプリの設定も含めてファースト・インプレッションを紹介します。

開梱

午前中にアマゾンから届きました。

プラスチッキーでチープな印象ですが、非常に軽いので着けている感覚がほとんどありません。バイブの振動感も良く、一般的なスマートウォッチとは異なる面白さを感じます。

アプリのインストールと初期設定

最初はAndroidスマホで試しましたが、サインアップ後の最初のログインでエラーが発生して無限ループに陥って先に進まなくなったので、iOSアプリをiPod touch 7 にインストールしたところ問題なく使えたので、今回はiOSアプリで紹介します。

App Storeで「withings」で検索してインストールします。

開く」をタップ。

OK」をタップ。

サインアップ」をタップ。

ウォッチ」をタップ。

Withings Move」をタップ。

インストール」をタップ。

ウォッチのサイドボタンをバイブするまで長押しし「次へ」をタップ。

次へ」をタップ。

ペアリング」をタップ。

次へ」をタップ。

Eメールアドレスパスワードを登録し、同意チェックをタップして「サインアップ」をタップ。

個人情報などのプロフィールを登録し「次へ」を数回タップ。

次へ」をタップ。Bluetooth経由でアプリからウォッチへファームウェアやデータが転送されます。

ウォッチの針が正午、アクティビティーの針が0%の位置になっていることを確認して「はい」をタップ。

完了」をタップ。

次へ」をタップ。

以後は画面の指示に従って「アクティビティー目標」や「GPSアシストを使ってトレーニング」を設定します。

私の場合は「目標歩数」を「8,000」に設定しました。

わかりました」をタップ。

以上で初期設定は完了です。以後は各種情報がアプリの画面で確認ができます。

一晩寝て朝のウォーキング後

ウォッチの文字盤は以下のようになりました。

アクティビティーの針が39%くらいを示しています。歩数の目標値を8,000歩に設定しているので、その40%弱で3,200歩程度の歩数となります。私のように「どんぶり勘定」の人間にとっては好都合です。

アプリの表示は以下のようになりました。

ウォーキングの時間は27分となっていますが、かなり正確です。このウォッチは以前の物と比べて、自宅内ではほとんど歩数をカウントしないので、実質的なウォーキングの歩数を正確に計測しているようで好ましいです。

ウォーキングをタップすると細かいデータが観れます。おそらく、年齢や性別、身長・体重などのプロフィールのデータを元にして平均的な推測値を算出しているものと思われます。

睡眠をタップすると細かいデータが観れます。

65歳の年代の睡眠はおそらくこのような感じだとは思いますが、睡眠時間を6時間以上に延ばし、睡眠の中断回数を1回以下に減らすよう工夫しようかと思います。

今回はGPSを使ったルートの記録は行いませんでしたが、次回は試しにやってみるつもりです。これを行うには、スタート前にサイドボタンを長押ししてそのモードにする必要があるようですが・・・

★ GPSはスマホ側のものを使うので、ウォッチ内蔵型GPSを使うタイプよりバッテリーを喰わないというメリットがある反面、スマホを同時に携行する必要があり、精度もあまり良くないようですが・・・

GPSをスタートする方法

サイドボタンをバイブするまで1秒程度長押しすると以下のようなアプリの画面に変わります。私の場合は、変わった後ですぐに元に戻る現象が起こったので、一度アプリを終了して再起動するとOKになりましたが・・・

同時に、ウォッチの時針と分針が回転して12時のポジションからそれぞれ分針と秒針として進み始めます。通常表示に一時的に戻すには、サイドボタンを短く2回押します。元に戻すのも同様です。

最初にこのウォークアウトモードにすると、アプリ画面で「位置情報サービス」機能をオンにするなどのメッセージが表示されるので許可します。一度設定すると2回目以降は表示されません。

これによりスマホ側のGPSやBluetooth / WiFiなどを使ってウォーキングやランニングなどの経路を地図上に表示できるようになるはずですが、私の場合は地図は表示されても経路が表示されないので今後の課題です。

ウォーキング中に写真が撮影できるので、試しに撮影してみました。

北海道大学のキャンパス内の景色ですが、インカメラによる撮影なので撮影の被写体を選びますが・・・

朝のウォーキングのみでは目標の8,000歩に対して3,200歩程度と大幅に未達なので、夕方に追加で50分程度のウォーキングをしたところ、7,800歩まで伸びてほぼ目標を達成できました。

睡眠時間も5時間程度から7時間まで伸びたので、夕方のウォーキングを日課にしたいと思います。健康管理をデータ化して目標設定すると、モチベーションアップに繋がり、自然に生活習慣を改善できると思います。

まとめ

私の場合は、1日の歩数睡眠の状態が知りたいので、今後暫くは毎日のデータをチェックする予定です。

アマゾンのユーザーレビューなどで、アプリ画面で1〜3ヶ月でバッテリー切れの表示がされるらしいですが、それを気にしなければ、電池交換無しで1年以上使い続けられるようなので、そのあたりは長期的な検証となります。

Androidアプリのエラーについては、暫くiOSアプリで使った後で再度チェックしたいと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 84 times, 1 visits today)