3DCGを仮想Windowsで楽しむファンサイトをオープン?!

9月初めからWordPressで構築していたサイトが完成したのでオープンしました。オープン記念として100ページのPDFマニュアルを100円でクレジットカード限定で9月30日まで提供中です。今後はオンラインビデオチャットサービス(Google Meet、Skype Meet Now)を用いたサポートや会員が集う場の提供を目指します。

はじめに

30年以上前に、アップルのMacintosh 512Kを購入した時に、同時に購入した「EASY 3D」という初期の3DCGソフトが私にとっての3DCGの世界へ踏み入れる入り口でした。

20年前からはPoser3という人物専用の3DCGアプリを購入して美少女CGを始めました。この時にPoserコミュニティーと出会い、多くのクリエーターの人たちと交流したことで、今でも3DCGを続けられていることに繋がりました。

3DCGは一般的なアプリよりハードルが高いですが、一通りのプロセスを経て作品を完成させると、応用分野が広いのでVRやARといった先端技術への応用や、バーチャル会議システムV-Tuberなどの3Dキャラクターのオリジナルデザインなど、さらに3Dゲームに使われるUnityの3Dモデルを制作したりもできます。

こうした長年趣味で培ってきた3DCG関連のノウハウやスキルをサイトで情報発信し共有することで仲間を作り、いっしょに楽しめたらという目的で、Chrome 3Dサイトを立ち上げたので紹介します。

Chrome 3Dサイトをオープン

9月始めからWordPressを使って構築していたサイトが形になったので、2020年9月11日にオープンしました。

ブログ記事による基本的なノウハウの提供と、ブログでは伝えきれないノウハウやスキルを豊富なスクリーンショットや豆知識を含んだ100ページのPDFマニュアルをダウンロード提供し、オンラインビデオチャットサービス(Google Meet、Skype Meet Now)によるサポート会員間の交流の場を設けることとしました。

オンラインビデオチャットサービスと会員サービスについては今後の導入になりますが、現状ではPDFマニュアルを9月30日までオープン記念として、100円クレジット限定の決済方法によりダウンロード提供中です。

ダウンロード販売とクレジット決済

商品の販売とクレジット決済については、WooCommerceStripeなどの世界中で使われている信頼性の高いシステムを導入し、サイト側には購入者の氏名とメールアドレスのみしかWooCommerceから提供されないので安心して使えます。クレジットカード情報はStripe内でのみ決済に使用され外部には漏れません。

購入者は自動的に顧客会員として氏名とメールアドレスのみが登録され、必要に応じてお知らせや各種案内などをメールで購入者に配信する予定です。

Chrome 3DサイトはSSL化(https対応)されているので、すべての通信は暗号化されて行われるので、決済時のカード情報などの個人情報が外部に漏れる心配はありません

会員管理

WooCommerceの会員管理機能を使って、主に購入者の顧客会員向けのサポートなどのサービスに使う予定です。

ダウンロード販売のみなので、個人情報は氏名とメールアドレスのみを管理するだけで済むので安心して会員になれます。

一対一の個別サポートの場合は、Googe MeetかSkype Meet Nowで個別のビデオ会議を立ち上げて繋ぐ方式を取りますが、複数の会員同士が集う場では、Skype Meet Nowで共通のURLを配信して、仮名やニックネームで参加できるようにしたいと検討中です。

スライドショー画像

このサイトのために3DCGアプリと仮想Windowsで制作した画像のスクリーンショットを以下に掲載します。ブログへのアップロードで画像が自動圧縮されるので、現物より多少画質は悪くなります。

まとめ

5年間のWordPressブログを運営した経験と実績はありますが、こうしたWordPressサイトはブログと勝手が違いかなり試行錯誤を繰り返したので完成するのに時間がかかりました。

これからも暫くはかなり手間と時間を必要とするとは思いますが、新しい目的に向かって努力するのは新鮮な気持ちで取り組めます。

今後とも、よろしくお願いいたします。

ではでは、きらやん

ココナラを試す?顔写真3Dモデルのスキルを売るには?!

30年前から趣味で3DCGを始めて5年前からはSketchfabサイトに3DCG女性モデルをアップし無料でダウンロードできます。今回は顔写真1枚から3DCGモデルを制作するスキルをココナラで売ってみようかと考えたので登録方法などを紹介します。

“ココナラを試す?顔写真3Dモデルのスキルを売るには?!” の続きを読む

Photoshopの3D軸コントロール?仮想Windows「Paperspace」でも可能に?!

仮想Windows「Paperspace」上でPhotoshopを使っていますが、今回偶然に3D軸コントロールが使えることがわかったので紹介します。仮想macOS「MacinCloud」で使えていたのはPaperspaceとデフォールトの選択ツールが違っていた?

“Photoshopの3D軸コントロール?仮想Windows「Paperspace」でも可能に?!” の続きを読む

CTAの作り方?和服美少女3DCGモデル「Tenten」の無料ダウンロードを開始?!

ビジネス向け無料WordPressテーマ「Lightning」のCTA(コール・トゥ・アクション)ブロックの作成方法を紹介します。3DCG総合サイト「Sketchfab」に5年前にアップしていた和服美少女「Tenten」を「綺羅園」のCTA経由でダウンロードできるようにしましたが?

“CTAの作り方?和服美少女3DCGモデル「Tenten」の無料ダウンロードを開始?!” の続きを読む

ChromebookでDAZ Studio?Paperspaceの仮想WindowsでIray物理レンダリング?!

前回の記事でPaperspaceの仮想Windows上でDAZ StudioのIrayで物理レンダリングを行おうとしても不具合が起こっていたので、その後の試行錯誤の結果としての成功事例を紹介します。まだいくつか課題はありますが?

“ChromebookでDAZ Studio?Paperspaceの仮想WindowsでIray物理レンダリング?!” の続きを読む

ChromebookでFuse CC?Paperspaceの仮想Windowsで3Dモデルを作成?!

今までは最新のAdobe CCアプリを仮想Windowsで使おうとしてもインストールができませんでしたが、Photoshop2019をダイレクトインストールした後にできるCCアプリを開くとFuse CCなどのアプリが使えたので紹介します。

“ChromebookでFuse CC?Paperspaceの仮想Windowsで3Dモデルを作成?!” の続きを読む

Chromebookで3DCGとDTM?どの仮想環境を使うべきか?DAZ Studio/Photoshop 3D/Ableton Liveで検証まとめ?!

これまでにCrossOverやLinux上でのWINE、Google GCPやPaperspaceの仮想Windows、MacinCloudの仮想macOSなどを使った3DCGやDTMのアプリの動作検証を行ってきた結果にもとづきChromebookでの仮想環境の使い方をまとめます。

“Chromebookで3DCGとDTM?どの仮想環境を使うべきか?DAZ Studio/Photoshop 3D/Ableton Liveで検証まとめ?!” の続きを読む

ChromebookでFuse CC?仮想macOS MojaveのMacinCloudのPhotoshop2020で3DCG?!

Chromebookのブラウザーから使える仮想macOSのMacinCloud Mojave版でAdobe CCからPhotoshop 2020とFuse CCがインストールできたので女性モデルと背景画像を合成する方法を紹介します。ポーズや表情も付けられましたが?

“ChromebookでFuse CC?仮想macOS MojaveのMacinCloudのPhotoshop2020で3DCG?!” の続きを読む