ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

Adobe Substance Painter Linux 3DCG

Adobe Substance PainterをChromebookのLinux(Xubuntu)上にインストールして起動ができたので紹介します。EVYを購入する前に試しにDAZ Studioで作った3Dモデルを読み込もうとしてできませんでしたが?

はじめに

Adobe Substance Painterについては以下の記事で紹介しています。

今回は、手持ちのAcer Chromebook Spin 11microSDカード32GBにインストールしているLinux(Xubuntu)上にSubstance PainterのLinux版をダウンロード/インストールして動かしてみたので紹介します。

Substance Painterのダウンロード

以下のページに行きます。

c69c4f4c91294b50fcb8d69b39855cd1 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!
Subscribe | Substance 3D
Screenshot 2019 09 20 at 16.05.08 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

右下のLinux版をダウンロードします。

ログイン画面が出たので、最初は私のAdobe IDでログインしようとしましたができなかったので、Googleアカウントでサインインしました。

2019 09 20 13 59 37 1024x626 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

1.8GBありますが、私の場合は約5分でダウンロードできました。

ところがファイルの拡張子が「.rpm」なので、そのままではインストールできません。

RPMをDEBに変換?なぜかインストールされた

以下の記事を参考にして.rpmファイルを.debに変換しようと試みました。

先ずはターミナルで「sudo apt-get -y install alien」コマンドを実行し「alien」をインストールしました。

2019 09 20 14 36 11 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!
2019 09 20 14 36 42 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

次に、alienを使って.debに変換するはずでしたが・・・

fakeroot alien Substance_Painter-2019.2.1-3338-linux-x64-standard-full.rpm」コマンドを実行してみるとfakerootが見つからないようです。

試しに「sudo alien …」でやってみると、途中でストップしてしまいましたが、なぜかフォルダーができました。

2019 09 20 14 41 15 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!
Screenshot 2019 09 20 at 16.25.57 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

このフォルダーを開いていくと以下のように「Substance Painter」という実行ファイルが見つかったのでダブルクリック。

2019 09 20 14 58 26 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

少し待っているとSubstance Painterアプリが起動できました

2019 09 20 15 00 20 1024x576 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

初期設定

そのまま「Next >」をクリック。

2019 09 20 15 01 08 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力し「Next >」をクリック。

2019 09 20 15 02 32 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

Next >」をクリックするとまた同じ内容が表示されるので「Finish」をクリックします。

2019 09 20 15 05 56 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

右上の「Start Painting」をクリック。

2019 09 20 15 16 33 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

EVYを購入する前に、試しに私がDAZ Studioで作った3Dモデル(Sketchfabにアップ)taey-02-1をダウンロードしてBlenderに読み込んで.objで出力した「taey-half-2.obj」を新規プロジェクトで読み込んでみました。

2019 09 20 15 19 47 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

エラーとなり読み込めませんでした。どうもテンポラリーファイルの容量が不足しているようなので、編集メニューの「Settings…」からsd1(microSDカード)に変更しました。

2019 09 20 17 04 23 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!
2019 09 20 15 24 56 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!
2019 09 20 15 27 10 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

sd1は23GBの空きがあるので、現状では最も余裕のあるドライブです。

2019 09 20 15 30 35 1 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

リスタートを促されたので「Yes」をクリックしてアプリを再起動しました。

2019 09 20 16 56 50 1024x576 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!
2019 09 20 16 58 34 1024x576 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

右上の「Start Painting」をクリック。

2019 09 20 17 01 13 1024x576 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

デフォールトの3Dモデルが表示されるので、アルミのテクスチャーを選んで顔の部分にペイントしてみました。

2019 09 20 17 03 04 1024x576 - ChromebookでSubstance?PainterをLinuxにインストール?!

現在はGPUがオフになっているのでリアルタイムにはペイント結果が反映されません。次回はカメラワークIrayでのレンダリングなどを行ってみます。

まとめ

やはりこのままでは実用的ではないですが、GPUをオンにしてどのくらいリアルタイムに反応するかや、Iray物理レンダリングも試してみて、EVYの購入を検討しようかと思います。

ではでは、きらやん

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメント