ChromebookでDTM?Roland ZenbeatsをYouTubeで紹介?!

Chromebook Android Roland ZenBeate DTM DAW DTM

ChromebookでDTMを無料で楽しむのに最適なDAWアプリがRolandからリリースされたのでYouTube動画で紹介します。AndroidアプリはChrome OSで使え、WindowsアプリはGalliumOS上のWINEで使えますが?

はじめに

ChromebookでDTMを楽しむのに従来はBandlabのAndroidアプリやWebアプリの「Mix Editor」、あるいはGalliunOSなどのLinux上でBitwig Studio3やWINEでAbleton Live 9 Liteを使う方法を紹介してきました。

no image 160 - ChromebookでDTM?Roland ZenbeatsをYouTubeで紹介?!
DTM
「DTM」の記事一覧です。

今回は9月にRolandからリリースされたマルチプラットフォームDAW「Zenbeats」をYouTubeで紹介します。

個人的にはRolandのDTM用のピアノ音源の音色が好きなので、EDM系のアンビエントな曲作りに印象的なピアノの音色を入れられると期待していますが・・・

公式サイト

以下のサイトです。

37f29d104c15fd43951aca606ced27fb - ChromebookでDTM?Roland ZenbeatsをYouTubeで紹介?!
Roland - Zenbeats | Music Creation App
Zenbeats: Music Creation App - Roland Zenbeatsは、あなたの感性をよどみなく注ぎこめる、直感的な音楽制作をかなえるアプリケーションです
Screenshot 2019 10 25 at 14.02.54 - ChromebookでDTM?Roland ZenbeatsをYouTubeで紹介?!
Screenshot 2019 10 25 at 14.06.39 - ChromebookでDTM?Roland ZenbeatsをYouTubeで紹介?!

Chromebookで使いやすいと感じたのは、かなりの高機能なDAWアプリにもかかわらずダウンロード容量が小さいことです。

Android版をPlayストアからダウンロードしてみましたが、最初は20MB程度の本体、起動後にサウンドやプリセットなどのデータが120MB程度だったと思います。軽すぎる気もしますが・・・

Ableton Live 10 Liteのダウンロード容量が約1.9GBでインストールするのに空き容量がさらに3GBは必要なのに比べても、Chromebookで気軽に始められる容量に収まっています。

無料版で気に入ったら「UnLock」に有料アップグレードすれば必要十分な機能が手に入ります。

YouTubeによる紹介動画

メーカーのプロモーションビデオ

Zenbeats | Find Your Creative Flow

Zenbeats | Find Your Creative Flow

ショートデモ演奏

zenbeats app short electro jam

zenbeats app short electro jam

10分間でどこまでトラックメイクができるか?

Roland Zenbeats 初体験!〜iPad版を使って10分間でどこまで出来るのか?

Roland Zenbeats 初体験!〜iPad版を使って10分間でどこまで出来るのか?

トラックメイカーがZenBeatsで遊んでみた

Roland産 無料DAW「Zenbeats」でトラックメイカーが遊んで見た!

Roland産 無料DAW「Zenbeats」でトラックメイカーが遊んで見た!

ChromebookのChrome OS上でAndroidアプリを試す

私はChromebookの画面を後ろに回転させてタッチ操作がしやすいようにしています。

IMG 20191025 133601322 eye 1024x768 - ChromebookでDTM?Roland ZenbeatsをYouTubeで紹介?!

後ろに写っているのは32インチのフルハイビジョンテレビですが、USB-Cハブ経由でHDMIケーブルでChromebookと繋がっていて、デスクトップPCとしてマウス/キーボードで普通に使えます。

つまり、Chromebook本体ではAndroidアプリをタッチ操作で使ってDAWアプリで遊びながら、後ろのテレビ画面ではChromeブラウザーなどで他の作業も同時に行えます。マウスカーソルは本体画面とテレビ画面間を行ったり来たりできます。

さらに、外出時にはAndroidタブレット/スマホでアイデアスケッチなどが手軽に楽しめるので便利です。デスクトップ版も基本的にユーザーインタフェースが同じなので自宅での作業でも使い勝手が良いです。

まとめ

今後は機会があれば、実際に曲作りをした印象作った曲を紹介していきたいと思います。

前回Ableton Live 9 LiteをGalliumOS(Linux)上のWINEで動かすことに成功したので、同じDTM系のDAWアプリなのでZenBeatsのWindows版もWINEで動かせると思います。

さらに、MackieControlに対応していれば、BehringerのX-Touch Miniフィジカルコントロールができるので、そういった試みも少しづつやっていきたいですが・・・

ではでは、きらやん

(Visited 47 times, 1 visits today)

コメント